毛周期を知って脱毛上手になろう!

自己脱毛も、店舗脱毛も、何しろヘアーや脱毛に対する睿智については、蓄えておいて損害はありません。

 

それぞれのムダ毛の姿を知るため、一段と良い脱毛風土を目指すことができるのです。その脱毛睿智のひとつ、「毛周期」にあたって見てみましょう。

 

体毛は生えたら生えっぱなしではなく、成長して一定の時代になると、わざと脱毛しなくても自然に抜け落ちて赴き、また新しく生えて来るという頻度を繰り返していらっしゃる。

 

こういう間隔を毛周期と呼びます。本当はこういう毛周期、それぞれの部位の体毛によってことなるのです。

 

たとえば面構えの産毛などは毛周期が短く、生えてから抜け落ち、また伸びるまでが手っ取り早いのえす。一方で、髪の毛や両わき・味方のムダ毛は遅れる歩行こそ手早いものの、毛周期自体は数か月〜半年という長目だ。

 

このように、各部位のヘアーを通じて毛周期はさっぱり異なります。こういう毛周期の違いから起こる弱みは、「同時に脱毛加療を通してもムラが出やすい」に関して。

 

たとえば自己脱毛派において「週末にまとめて脱毛加療」としているお客様は、結構間が経つうちにある場といったそうでない場がバラバラという出てきてしまうのです。

 

毛周期間隔の少ない地点、遅れる歩行の速い部分に合わせて、まめな脱毛加療を行った方が正解と言えるでしょう。

 

店舗脱毛のお客様は、必ずしもまとめて面構えって身体の脱毛をお願いするでしょうが、後に毛周期の少ない面構えの産毛が目立ってきたけど、

 

毛周期の長い他の体毛はあまり気にならないから、設定をとろうかどうしようか…といった考え込むことになります。これは仕方がない事ですので、部位ごとにこまかく通った方が良いかもしれませんね。

関連ページ

家庭用脱毛機との違い
脱毛サロンと家庭用脱毛機との違いを説明します。最近では家庭用の脱毛機も充実していますが、やはり脱毛サロンに比べると効果的に劣っているのは間違いありません。